Lチカの次へ!

Lチカの次へ!

日常のこと、電子工作のこと、いろいろです。

【まるで魔法】手をかざすとぴかぴか光る!焦電センサーでLED3つを光らせてみた!【その3・ブレッドボード編】

 

f:id:toboli:20170101233557j:plain

今回は、電子部品達の舞台、ブレッドボードについて知ったことをまとめます!

 

ブレッドボードの第一印象は、「音楽室の壁に似てるなー」でした。

見ているだけで、幼いあのころを思い出してくすぐったい気持ちになる、そんなやつです!

 

 

ブレッドボードは超・便利アイテム!!!

ブレッドボードは、ただ穴に部品を差し込むだけで回路にしてくれる超便利アイテムなんです!

 

 

今こんな気分になったのではないでしょうか・・・

電子工作やってみようかな~!って段階では、これのなにが便利なのかぴんとこないのではないでしょうか。(少なくとも私はさっぱり分かりませんでした 笑)

 

電子工作をして作品をつくるには、部品同士を切ったりくっつけたりする作業をしていくことになります。

 

でもこれ結構失敗が許されないんです・・・

せっかくつなげたのに、回路自体が間違っていて、取り外したりつなぎなおしたりで見た目が汚くなっちゃいます。

 

そこでブレッドボードの出番!!!

 

ブレッドボードなら、部品を切ったりくっつけたりする必要なし!

ただブレッドボードの穴に部品を差し込むだけだから、部品はキレイなままです!

 

「この回路にしたいけど、あってるかな?」と確認したいときに使えるんです!

間違ってたら部品を差し込みなおせば良し!

しかも、何がどうつながっているのかすごく見やすい!

 

なんといっても、部品を差し込むときの「サクッ・・・」って感覚がクセになります。笑

電子工作は五感でたっぷり幸せを味わえるところが素敵!

 

とにかくブレッドボード、大好きです。笑

 

ブレッドボードの穴にはきまりがある。

ブレッドボードにはたくさん穴があいていますが、ちょっとしたルールがあるそうです。

f:id:toboli:20170102000454j:plain

①はじっこに、「+」「-」とかかれている穴は、それぞれ横一列(画像の紫の線の方向)につながっています。このラインに電気がながれます!

 

②a~e、f~jはそれぞれ縦一列(画像の緑の線の方向)につながっています。

 

 

・・・と言われて、

「なるほど!さっそく使いまくるぞ~~!」ってなる人は、このブログ絶対読まなくて大丈夫な人です。笑

 

「つながる方向は分かったけど、まだぴんとこない・・・」という人はぜひ以下も読んでみてください!参考になったら嬉しいです!

 

ブレッドボード使ってみたよ!

f:id:toboli:20170102001105j:plain

ブレッドボードを使ってみました!

「あれ?Arduinoは??」と思うかもしれません。

ごめんなさい、私の力では話をややこしくしてしまいそうなので、乾電池とLEDをつかってやってみました!

こんな風に使えば良いのか~と思っていただければ・・・!

 

この画像、見にくいんですけど、青いLEDが光ってるんです。

つまり、電気が通っています。どんな風につながっているのか、以下に書いてみます!

f:id:toboli:20170102001109j:plain

お分かり頂けるだろうか・・・

ベストを尽くしましたが、見にくかったらごめんなさい!

 

今回の登場人物
  • 赤いコード(乾電池の+につながっています)
  • 青いコード(乾電池の-につながっています)
  • 乾電池 2つ(電気をくれています)
  • 青いLED 1つ(輝きます)
  • 抵抗 1つ(これを入れないと、LEDが焼け死にます。今回はふ~んって感じで見てもらえれば!)

 

ちなみに回路は、あみだくじみたいに指でたどると分かりやすいと私は思ってます!

 

上の画像と下の文を見比べて、たどってもらえたら分かりやすいかなと思います!

 

まず、乾電池の+からスタート!

赤いコードを通って・・・プスッ!ブレッドボードの9のjの穴にささりました!

 

f~jは、縦一列(ここでは9番の列です!)につながっています。

 

抵抗は見にくいですが、9のhにささっています!

これで赤いコードの電気を、抵抗が引き継ぎました!

 

抵抗の反対側の足は・・・・プスッ!11のhにささりました!

9のhと11のhは列が違うので、穴同士はつながっていません。

でもこんな風に部品でまたぐと、電気は部品を通って伝わります!

 

ここまでが赤い点線部でした!

 

次は黄色い点線部です!

 

青いLEDは、11のfにささっています。

11の列はつながっているので、抵抗を通った電気が11のfからLEDに入っていきました!

そして13のfの穴に抜けていきます・・・

 

最後、青い点線部です!

 

13のfの穴から出た電気は、縦に流れて13のjにささっている青いコードに引き継がれます!

青いコードは乾電池の-につながっているので、ここで回路をたどる作業は終わりです。

 

ばらばらに見える部品たちが、ブレッドボードの上で手を取り合った瞬間を見ることができたと思います!

 

今回、①に書いた+とマイナスの横につながる穴は使いませんでした。

今後、作業するときにこの穴の便利さを実感する瞬間があるので、そこでまたお話しできたらいいなと思っています!

 

ブレッドボードとの素敵な日々を楽しみましょう!

 

 

おまけ

 今回紹介したのは、使いやすくてスタンダードなブレッドボードですが、ブレッドボードはいろんなのが販売されています。

最近見つけたのはこれ!マゼンタピンクのブレッドボード!かわいい~~!

 

秋葉原にある、千石電商さんで買いました。マカロンカラーのブレッドボードシリーズとかもありました!

手のひらサイズでとってもかわいいです。

f:id:toboli:20170102004623j:plain

 

あと、お正月なので近づくとお正月の音楽(みんな知ってる春の海)が流れるやつをつくりました!クリスマスに作成したやつのツリー部分を鏡餅にして、音楽を変えただけなんですが・・・笑

1つ作るととっても便利なので、今度作り方をまとめようと思います!LEDぴかぴかのあとすぐ作れるのでおすすめなんです!

f:id:toboli:20170102004712p:plain